« 気になるアイツ(その1) | トップページ | 気になるアイツ(その2) »

2005年12月27日 (火)

ヘッドホンを整理する

新しいヘッドホンの話を書いたので、今までのヘッドホンを振り返ってみよう

最初に買ったヘッドホンは確かこれ↓
Vih
折り畳みヘッドホンが出始めた時期に結構な人気を誇っていたので使っていた人も多いのでわ?
今でも、断線する事無く出番を待ってます

松下のCLIPヘッドホン(初期型)・CREATIVEのMP3プレーヤー付属ヘッドホンと使い(ともに壊れて捨てた)

次に買ったのがこれ↓

Pae
PanasonicのRP-HS900って製品です(調べたら今でも売ってました) 知らない人が大半だと思います(^_^;)
これはイヤホンを耳に入れて、バンド(?)を首にくっつく様にして使います
写真手前のボックスに、電池を入れるとバンドが低音に合わせて振動します(((゙◇゙)))カタカタカタカタカタカタ
街中で一人、ウーハー付きの音を味わえます
これも、最近はベンチウォーマーになってますね(多分使える)

たぶん次はこれ
Ath
オーディオテクニカのATH-R5ってやつです
初のカップ式ヘッドホンとして活躍してくれましたが、構造不良か使い方が悪いのか、右から音が出なくなり保証期間中に二度も入院する病弱なやつでした(今、テクニカにこのタイプの折りたたみは無い、もしかして...)
耳寒くないし、音もスピーカーっぽくて好きだったんですけど、保証切れの後に壊れてから放置してます(有料で治しても、また壊れそうなので(^_^;)

ここで半年程、ビクターヘッドホンを挟み(最初のやつ)

次に買ったのはこれ
Phh
日本メーカーが続く中、颯爽と北欧からやって来たニクい奴、PHILIPSのSBC-HS520です
Phs
反射板になってるネックバンドや、ケーブルからの衝撃を和らげる仕組みなどのヨーロッパらしい気配りデザインと、低音を増幅させる反響室を兼ね備えた一品です
一度、低音部のみ音が出なくなると言う、奇妙な故障を起こして入院しました
その後、利用スタイルが変わり家聞き専用に(理由は後述)
音は一番好きなんですが...

フィリップス入院中に買ったのがこれ(やっと、現在まで来ました)
Atc
オーディオテクニカのATH-CK5です 最近、流行のカナル式
修理に出した頃に丁度発売され、春から夏になろうかと言う頃だったので暑さ対策も兼ねて買ってみました
音は割と素直な方、うまく耳に入ったときはそこそこ低音も出ます でも、カナルの割に遮音性は高くないです
PodcastingやTOEICの教材がフィリップスよりも聞き易いので、今はこれがスタメンです


さて、だらだらと振り返ってみましたが、次のヘッドホンの要求スペックはこんな感じかな?
低音はしっかり欲しい(今のカナルよりは欲しい)
耳が寒くならないもの
音はスピーカーっぽいもの
Podcastingなどの音声コンテンツも楽しめるもの(遮音性と音響特性の相性かな?)


次のヘッドホンは結構高い買い物になりそうです
今までの様に3000円以下の物じゃ多分見つからないだろうし(^_^;)

|

« 気になるアイツ(その1) | トップページ | 気になるアイツ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2913/161713

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドホンを整理する:

« 気になるアイツ(その1) | トップページ | 気になるアイツ(その2) »