« レアなお店 | トップページ | とーいっく »

2006年1月 8日 (日)

去年を振り返る1(映画・音楽編)

今更ですが、去年を振り返る企画・第一弾

去年見た映画
雲のむこう、約束の場所
僕の彼女を紹介します
1リットルの涙
バイオハザード2アポカリプス
約三十の嘘
ZOO
隣人13号
英語完全征服
リンダ・リンダ・リンダ
メゾン・ド・ヒミコ
ソウ2
アメノナカノ青空
あらしのよるに
計13本、改めて見ると意外と少ないな〜
夏前後に夏合宿・神戸遠征と続き、お昼代さえ危うい超金欠期があったので、まぁしょうがないか
個人的には、「約三十の嘘」「メゾン・ド・ヒミコ」「あらしのよるに」がはずれでした
その他はどれも当たりですね 面白かったです
今年は就活で前半忙しいですが、暇を見つけて映画を見て行きたいと思います
目指せ!!去年以上の本数!!

去年から聞き出した音楽
ムラマサ☆
チャットモンチー
音速ライン
POSSIBILITY
THE BACK HORN
midnight pumpkin
どれ一つとして、トップチャートに入ってる物がないですね...
でも、今年辺り注目される物もきっとある!!


書き出してみると映画・音楽共に、「話題作」とか「トップセールス」とまるで関係ない世界に居る事が浮き彫りに、年々この傾向が強くなってる気がします
でも、世間で「個性」って言葉が飛び交ってる割に、テレビだと「CDがなかなかミリオン行かない」とか「この映画に何人観に行った」みたいな話が多いですよね
一方で「個性!!」って騒いでる割に、大半の人が「有名だから」「売れてるから」「話題作だから」って言う理由で、本・音楽・映画を選んでるのってどうなんでしょう?

|

« レアなお店 | トップページ | とーいっく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2913/277478

この記事へのトラックバック一覧です: 去年を振り返る1(映画・音楽編):

« レアなお店 | トップページ | とーいっく »