« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

エンキョリレンアイ

エンキョリレンアイ

Book


エンキョリレンアイ


著者:小手鞠 るい



販売元:世界文化社



Amazon.co.jpで詳細を確認する


「うたう警官」の前に読み終わっていたのですが、中々書けずにいた本です。

表題の通り「遠距離恋愛もの」です
本の持つ雰囲気は「100回泣くこと」に通ずる所が有る気がします
まぁ、ちょうど100回の次にこの本読んだんですけどね(笑)

この本には「100回泣くこと」の様な、大きな話の転調は無く一本のストーリーが最後まで続いて行く感じです
「100回泣くこと」が切ない本なら、「エンキョリレンアイ」はいい話本と言った所でしょうか

話の詳細は例によって書きません、ちょっと気になった方は是非書店で数ページ読んでみて下さい。

この本は結構お薦めできます
いつか、この本も買ってしまいそうです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

埼玉とサマワに海は無い!!

このブログで毎回紹介している「やわらか戦車」の新作で出ました!!

Sensya6
やわらか戦車6

今回は前作よりまた少し長めに、そしてより面白くなっています!!
作者のラレコさんのブログやらわか戦線異状なしから見に行く事ができますよ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"うたう"警官

うたう警官
Book
うたう警官

著者:佐々木 譲

販売元:角川春樹事務所

Amazon.co.jpで詳細を確認する

読み終わりました
最近読んでいた傾向と打って変わって、ハードな警察物です

マンションの一室で婦人警官が死体で発見され、その婦人警官と親しかった警官に嫌疑がかかり射殺指令までもが発令される
しかし、その容疑・指令に疑問を持った一部の警官たちが独自の捜査を開始
彼らは、調べを進める中で婦人警官殺害の思わぬ真相を知る事になる...

と言った話です
今回は粗筋書いても問題ないので、軽く書いてみました

ちなみに表題の「うたう警官」ですが、決して「歌う」訳ではありません
警察内部で「うたう」とは「内部告発」を指す隠語として使われているそうです
この「"うたう"警官」と言う題名もストーリーと大きく関係してきます
なので、上に書いた粗筋だけの単なる刑事物では有りませんよ!!

かなり面白かったです(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

魔法の音楽♪

Magic
木村カエラの新曲「MagicMusic」を買ってきました〜!!
「BEAT」「YOU」は作風が好きになれず買っていなかったので、カエラちゃんのCDは久しぶりです♪
サクサクのMCも卒業してしまって寂しい限りです(現MCはつまらなすぎる...)

「作曲はLinus of Hollywood」ってHMVのポップに書かれていて「誰?」と思いながら買ってきました(笑)
検索してもイマイチいい情報が見つかりませんでした...でも、こういう曲調好きなんで今度どこかでチェックしてきます

さて中身ですが、ストレートなテンポのいい曲に、しっかり韻を踏んだカエラちゃんらしい作詞の組み合わせで結構良い曲になってます
カップリングの「Hungry like the CHICKEN」も良いと思いました♪
とりあえず、

「MagicMusicを夏フェスで聴きたい!!」

お供がみつからない「ROCK IN JAPAN Fes 2006」ですが、一人で行ってしまおうかと思うぐらいです
行くならもう腹決めないと... 一般販売の日が近づいてる(>_<)


しかし「Hungry like the CHICKEN」といい「恋愛スピリッツ」といい、最近ちょっとしみる曲が多いです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

初スイカ!!

Suica
今年最初のスイカを食べました!!(^o^)
梅雨が明ければ夏ですね〜早いものです

スイカ食べて、うっかり間違って出てきてしまった蝉の音も聴いて「あぁもうすぐ夏なんだな」って実感しました

まぁ、ただそれだけです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーズ!!

Cars
だいぶ書くのが遅れましたが、20日に「カーズ」の試写会に行ってきました!!

ピクサー作品おなじみのショートフィルム「One Man Band」で、みんなひと笑いしてから本編が開始

本編もおもしろかったです!!
「予告とか見ても、ラストがイメージできない」と思っていたのですが、「あ〜こうなるのか!!」って感じでした


今までの「トイストーリー」「バグズライフ」「ファインディングニモ」みたいな冒険色は少なめ
いつもディズニーの映画はどこかに教訓めいた物が含まれていますが、今作ではスピード・数字ばかりが重視される今の時代に「それでいいの?」と疑問を投げかけるメッセージ性を感じました


あと、ブログで話題になっている「アップル印の車↓」もしっかり確認できました(笑)
Applecar
なぜ「アップル印」が出ているかと言うと、カーズを製作した「ピクサー」とiPodで世間を席巻している「アップル」
社長が同じなんです
たぶんこれが理由(笑)
まぁ、カーズ作った後にピクサーは高額でディズニーに買収されましたが(^_^;)


もうすぐ公開!!
今回はあんまり話題になっていないですが、おもしろいですよ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

スカウター

一時期「成分分析」がブログやネットで流行りましたが、新しい物を見つけてしまいました!!

Scouter

スカウター!!

戦闘力を測る様に各サイトの攻撃力と防御力が測れます

ちなみに、このブログは
攻撃力:7170
防御力:8425

試しに天下のGoogle様を測定すると...
攻撃力:5664
防御力:6814

...勝った!!Σ( ̄□ ̄;)

うちのブログ結構強い!?(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

何を語るのか??

Otobe
6月28日に新宿NSビルで行われる「ダイヤモンドLEAD合同会社説明会」の中で、あの日本一有名な広報乙部綾子さんが講演するそうですよ!!

講演のテーマは「働く楽しみとキャリアデザインを考える」

いくつかの転職の末ライブドアに入って崩れたらすぐさま辞めてる訳ですが、一体どんなキャリアデザインの仕方を伝授してくれるのでしょう??
多少興味は引かれるけど、まいっか(笑)

ちなみに、乙部さんはライブドアを今年の3月に退職した後、4月には「ケイダッシュ」と言う芸能事務所のパブリシティを担当する「パールダッシュ」と言う子会社に入っていたそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

先行試聴

Jacket
ふらっと行ったHMVで7月5日発売のチャットモンチー1stフルアルバム「耳鳴り」の先行試聴を発見!!
そのまま、試聴機にかじりついて全曲試聴してきました!!(≧∇≦)ノ彡

チャットのCDのどれにも言える事ですが、ハズレが無かった気がします
シングルのカップリングはもちろんですが、フルアルバムになっても隅々まで行き届いた力の入れ具合は変わっていない様に感じました

全曲完全に聴く訳にはいかなかったので各曲半分以上ぐらいで留めておきましたが、かなり期待できるアルバムに仕上がっている感じがしました
はやく発売日にならないかな〜...

Sign
試聴機の横に置いてあったジャケットの裏を何気なく見たらプリントだけどサインが!!
曲はタイトでカッコいいのに、どこかフニャフニャした感じがするんですよね〜
そこがまた良い訳ですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

Kinoko_1
♪きのこっのこーのこ、げんきのこ、エリンーギ、舞茸、ぶなしめじ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

Good-bye days

Goodbye_days
YUIのGood-bye days買ってきました!!(≧∇≦)ノ彡
もちろん、発売日前日にフラゲです(記事にするの遅れましたが...)

いや〜やっぱりいい!!

タイヨウのうた

の劇中で聴いた時も思いましたが、改めて聴いても良いです♪

最近の映画の歌って、「エンドロールで流れるだけ」とか「作品を見たインスピレーションで作った」みたいな映画の内容と直接関係のない物が多いですが、この「Good-bye days」は違います。

映画の主演でもあったYUIが、役の「雨音 薫」として撮影しながら音源を作っていたそうです
なので、確かにYUIの曲だけどそこには「雨音 薫」がしっかりと生きている
そのせいか、1曲でよかったのに3曲も出来上がったそうです(笑)


映画を見た人はもちろん、映画を見ていない人にもきっと良いと思う人が多いと思う一枚です

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月12日 (月)

そうじ、そうじ〜♪

9日に内定が出たので、土日を挟み選考辞退などの後処理を始めました〜
選考辞退って胸が痛みますね...
一社かなり親切にしてくださり仲の良かった人事の方が居たのですが、その人の辞退の連絡を入れたときのガッカリした声は暫く頭に残りそうです

あぁ...できれば聴きたくなかったよ(>_<)
内定ブルーじゃないけど、凹みました

Souji

さて、今日はスケジュールの整理だけでなく、就活の資料などでかなり荒れた机の上などの整理にも着手

今まで机の上は

       読みかけの雑誌や就活以外の物
              ↑(奥)
選考中の会社資料←(左側)パソコン(右側)→普段使いの細かいもの置き場

と言う、かなりざっくりとした布陣でした
整理する時間があったら、書類書くか遊んでたので(笑)

まず、机の上から全部どかして掃除機&雑巾で掃除
その上で捨てたり・しまったりして再配置したら

持ち物置き場←(左端)パソコン

だけになりました(笑)
机がひろーい!!(≧∇≦)ノ彡
こんなに広かったのかΣ( ̄□ ̄;)
まぁ、またこれからいろいろな物が積み重なって行くのだろうけど(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おわりっ!!

Owari
「経営に終わりは無い」そりゃそうだ

でも、就活には終わりがある!!(≧∇≦)ノ彡

やっと、終わったぞー!!!!(/_ _ )/♪へ(-。-へ)♪(/_ _ )/

6月9日をもって就職活動を終了しました!!
ブログ読者の方々へ、ここにご報告させていただきます。
就活関連の記事は今後ほぼ0になりますが、今後もご愛読よろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

ロマンはどこだ!?

Mo4177
映画「陽気なギャングが地球を回す」を見てきました

結構面白かった!!
それにしても、キャストが豪華すぎる〜
主演の4人だけでもこの上映規模の映画にしては凄いのに、端のはしまで多くの人が知ってる役者さんが固められていました。

人の嘘が瞬時に解る「成瀬」
演説の達人「響野」
正確な体内時計をもつ「雪子」
スリの天才「久遠」

偶然にもこの4人が、銀行員によるニセ爆弾強盗騒ぎの現場にいて「俺たちならもっと上手くやれる」という理由からチームを結成(笑)
こんなギャングたちなら居ても良いかな〜

銀行強盗とかギャング物の映画って、どこか裏社会を臭わすつくりになっている事が多いですが、この映画は違います
4人それぞれに普通の生活があって、そこからあまり遠くない感覚でギャングでもある
大きなちびっ子ギャングって感じですかね(笑)

上映館はあまりないですが、なかなかいいですよ
さて、原作も読んでみようかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4000アクセス突破!!

4000
4000アクセス突破しました!!
毎度、ご愛読ありがとうございます!!(≧∇≦)ノ彡

メモ:4027アクセス
   2206人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛スピリッツ!!

R25
今日は、あのR25でも紹介されたチャットモンチーの「恋愛スピリッツ」発売日(≧∇≦)ノ彡!!

Cd
もちろん、昨日の朝一にゲット済みです!!

前作「恋の煙」の様な「解りやすいキャッチーさ」はあまりありませんが、収録されている三曲どれも良い(・∀・)!!

複雑な心理を表した「恋愛スピリッツ」
微妙な距離感の二人を描いた「手の中の残り日」
逆上がりを練習する夕焼けをモチーフにした応援歌「Y氏の夕焼け」

チャットモンチーらしいシンプルながら芯の強い楽曲と、鮮烈な歌詞が相まって今作もいい味出してます。
来月は1stアルバム発売にワンマンLIVE&nano-mugen Fesへの参加が決まっているので、7月が今から待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 3日 (土)

flowers!!

Daisyl
一日に「デイジー」と言う映画を観に行ってきました

20041202chon
主演は「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」でおなじみ(?)チョン・ジヒョン
前2作では、勝ち気で男勝りな役柄でしたが、今作では一転して運命の人を信じて待ち続ける女性を演じています

この映画は、「橋を架けてくれた運命の人を待つ絵描き」と「優秀な刑事」そして「孤独な殺し屋」の三者が織りなす関係が軸
一歩間違えれば安っぽい三角関係の話になってしまうのですが、そんな事はありませんでした
韓国映画は時に、ベタベタでありえない表現を使いますからね...
そっち系はとても嫌いなので、ポスターには「消しゴムの次はこれ!!」って書いてあるけど個人的にはとても不満なコピーです(消しゴム観てないし)

さて、感想ですが
泣きました
初めて映画館で涙を流しましたよ(^_^;)

まず、彼女の声にならない「叫び」にやられ
そして、見ただけで解ってしまう程愛してしまった「想い」にやられました
「ここ、泣く所ですよ〜」って言う感じで一つの悲しさを前面に出すのではなく、一連のシーンのなかで波状攻撃の様にして涙が出てきました(T_T)
想いが強い時って見ただけで解ってしまう事がありますよね(自分はあります)

ちなみに、エレベーター内の会話だと「韓流狂い」のオバさま達にはどうやら不評だった様子
若い人程泣いている率が高かった感じがします
だからこそ、「韓国映画嫌い」「韓国映画見た事無い」と言うそんなあなたにお勧めしたい一作です
この映画は、いいですよ
全編オランダロケで景色や雰囲気もきれいです

もちろん、見た後にトイレで顔を洗ったのは言うまでもありません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »