« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

SAW III

Sawiii
「SAW-III」観ました
う〜...相変わらず気持ち悪かった...(x_x)
ヨーロッパのホラーって日本のホラーと似ていて背筋に語りかけるのが本当に上手い...

今作は2と比べても「密室で起こる〜」の要素は薄くなりました
2にあった「捜査側シーンの増加」などの良い意味での自己否定を更に押し進めた感じです
被験者側だけではな成り立たないジグソウワールドを描いています
同じ事だけやったらインパクトも薄れるのでいい傾向だと思います

ただ、そこはあくまでも「ジグソウが仕掛けるゲーム」
相変わらずの「装置」や「異常なまでのリアルさ」は健在
ネタバレはしませんが、リンクしている部分があるのでIIIを観るなら前二作は必須かもしれません

今作ではジグソウの過去を匂わせるフラッシュバックがあったりと、新たな展開を感じさせる要素もありました
でも2の時は「こりゃ続編あるな」って終わり方だったけど、今回は難しいなぁ...
「続編作れるけど、どうやって?」って感じです
それ位意外な幕切れでした

次回作にも期待が持てそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

リコール隠しは誰のためか?




ザ・リコール


Book

ザ・リコール


著者:志摩 峻

販売元:ダイヤモンド社

Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み終わりました
偶然にも経済本の次は経済小説です(笑)

タイトルの通り、自動車の「リコール」が題材のストーリー
ただ、変わっているのは大手損害保険会社の企業損害賠償責任保険課長が主人公という点
しかも、リコール費用保険とPL(製造物責任)保険を担当しています
つまり、リコールと直接関係のある自動車会社ではなく、間接的に関わる損保会社の人間が主人公なんです

しかも、後にリコールとなる欠陥が原因で事故を起こした人の親友として登場します
なので、主人公なのに最初からは出てきません(笑)

独自に調べた過去のデータと社内の不穏な動きに違和感を感じた主人公が、「本当に問題は無いのか?」という疑問と、自身の直感を頼りに行動し疑惑に切り込んで行きます
しかも、その背後には日本最大の暴力団の陰が...


初版は去年の9月と、かなり新しい本なのですがモデルとなっている自動車メーカーは間違いなく三菱自動車
作中のメーカー名は"五稜"自動車と、あまりに直球です(笑)
折しもリコール車の再リコールを最近発表したばかり
なんとタイミングのいい(苦笑)

もちろんフィクションなので三菱のリコール隠しは発想の原点程度のモデルですが、リコールの難しさ・保険の複雑さなどを垣間見れるいい作品でした
あと多分な脚色があるんだろうけど、切っても切れない現代金融の暗部も...

後半からの主人公の転身ぶりと、幕切れの意外さには感心しました
かなり面白い良い本思います
経済小説好きには、結構ツボかと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月27日 (土)

命がけの「叩いてかぶって」

たまーにやってくる、「面白いムービー見つけました」企画です
説明してもしょうがないし、とにかく観てください(笑)

じゃんけんの勝率と湯量が合わないので、傘を小さくしての二回戦(右側の人の捨て身の発案)

やった人曰く「お湯は熱いが、冬の寒空が身にしみる・・・」との事でした(笑)
お疲れさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

最後の彼女は...

がんもの好きな「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」に続く三作目が決まりました
今度の作品が彼女シリーズ最終章との位置づけみたいです
監督・脚本は前二作同様クァク・ジョエン

気になるタイトルは「僕の彼女はサイボーグ」

Saiborg

今度はサイボーグ!?Σ( ̄□ ̄;)

キャストはと、言うと
彼女:綾瀬はるか
僕:小出恵介

なんと、日本人キャストで舞台は日本
脚本が出来たときに監督が「このままでは新鮮味がなくなってしまう」と悩んでいたところ、日本の映画会社からオファーがあり快諾したとの事
今までより、SFファンタジーとアクションの色合いが強くなるそうです

いや、十分サイボーグってだけで新鮮味ありますから ゞ( ̄∇ ̄;)


しかし主演:綾瀬はるかって...
監督が変わらないのは良いけど、好きなシリーズだけに残念
あの「彼女」はチョン・ジヒョンだから良かったと思うんだけどな
あーガッカリだ...
日本スタッフ・新キャストで監督がとこまで頑張れるかに期待
予告編見るまで、観る・観ないは保留かな

情報元の日刊スポーツ記事へのリンク
記事のバックアップ

あ...彼女がサイボーグって「最終兵器彼女」と被ってないか??
...
ま、いいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

男たちには<<ウラ>>がある

Departed
映画「ディパーテッド」を観ました
韓国映画「インファナル・アフェア」のリメイク版です
最近、ハリウッドはリメイクばっかりだな...

ストーリーは
警察に潜入したマフィア

マフィアに潜入した警官
の二人を主人公にしたもの

接点が無いはずの二人に接点が出来たり
警察・マフィアの双方が潜入者(ねずみ)を疑いだして探り合いが始まったりと、双方の静かで激しい鍔迫り合いがあったりと、緊張感が最後まである面白い作品でした
ラストが結構意外な展開で良かったと思います

原作も人気があって続編が作られているものだし、この作品もいい出来だと思うのでお勧めです

そういえば、レオナルド・ディカブリオが出てる映画観るのこれが初めてだ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

どんなホラーよりも怖い

いや〜今年もやってきました
年に一度の異常なほど背筋の凍る体験

「もしかして、間違えてんじゃないか?」
「もしかして〜〜って〜〜だったんじゃ?」
「〜〜だと思ってたけど、もしかして〜〜?」

Fuan

全部、大学の履修に関する不安です(苦笑)
毎年、今ぐらいの時期になると襲ってきます
しかも、決まって風呂場(笑)

もの凄い不安に襲われながらも、頭洗ってる途中だったりしてすぐに確認できない(汗)
お湯浴びながらも背筋がゾクゾクして、うすら寒い
一人大きな不安と戦いながらも一通り終えて、風呂出てすぐ調べると大抵勘違いは何も無くて4月に立てた履修で何の問題も無い
この繰り返し

ただ今年に限ってはミスがあると就活までやり直しになるので、4月にいつも以上に確認したから失敗は無いはず
でも、やっぱり来ましたね
しかも、いつもより早いタイミングで(笑)
いつもはテストも全部終わった頃なんですが、今年はまだ試験期間中

今年も確認して無事履修ミスはありませんでした
後は二つ受けるテストのうち、どちらか一方でも単位が貰えれば無事卒業です
二つあるし大丈夫だろうけど、油断してると落としそうで怖い...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内側から見えるもの




内側から見た富士通「成果主義」の崩壊


Book

内側から見た富士通「成果主義」の崩壊


著者:城 繁幸

販売元:光文社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

読み終わりました
「絶対、最強の恋のうた」の次に、こんな系統の違う本読んでます(笑)
もともとは論文でも書こうかと、大学図書館で借りてあった本なのですが、なかなか読めず最近手を付けました

タイトル通り富士通の内部告発的な内容
著者は1993年の新人事制度導入直後から富士通人事部で実際に新制度の運営に関わっていた方です

なぜ、日本の高度成長を支えたリーディングカンパニーは負け組に転落したのか?

なぜ、愛社精神の強かった社員達は他社への転職・自社の誹謗中傷に走ったのか?

なぜ、富士通の「成果主義」は組織を崩壊させたのか?

なぜ、優秀な人材を抱える人事部はそれを止められなかったのか?

と言った事がかなり解りやすく、また内部事情を含めて詳細に書かれています

正直、かなり衝撃を受けました

日本を代表する企業の一つである富士通がこんな状態だったとは...
部活で覚えた組織として必要な事ってそんなに間違ってなかったんだな〜
就活前とか就活中に読んでたら、企業に対してまた違った見方ができて面白かったかも

論文のテーマにしようとしていた「成果主義の是非」については、この本だけでは判断できませんが、読み物として興味深いものでした
まるで高杉 良さんの経済小説の様な混沌っぷり
「事実は小説より奇なり」とは良く言ったものだ(笑)

2004年初版の本なので現状は解らないですが、目先の結果だけにとらわれない改革での復活を期待しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

カードの切り方が人生だ!!

年も明け、大学最後の授業も終わりました
いよいよ「あ〜学生終わるな〜」って感じです
なにげなく入った学内の建物とか教室で「もしかしたら、もう、これが最後かも」とか思うとゾッとします(笑)

話は変わりますが
「年会費無料」に釣られて作ったツタヤのTカードを持っているのですが、溜まったポイントの使い道が「ツタヤでレンタル」か「ANA・楽天のポイントとの交換」ぐらいしかない
使い続けるにはちょっと利点が...

なので、いろいろ比べて考える時間ある今メインで使えるカード探しをしてみました

Trendy
相棒はこいつ

長くなるので続きへ

続きを読む "カードの切り方が人生だ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

9000アクセス突破!!

9000
9000アクセス突破しました!!(≧∇≦)ノ彡
ログを見ると一昨日突破していた様です
いま気がつきました(笑)

毎度ご愛読有り難うございます
年末年始に更新サボったせいで「一日あたりの平均」が少し下がってしまいました(^_^;)

これからも読みやすく、読んだ人が楽しめる様なブログを心がけて更新していきます
その為にも、ぜひともコメントください(笑)

それでわ、今後ともよろしくお願いしますm(._.)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

絶対、最強




絶対、最強の恋のうた


Book

絶対、最強の恋のうた


著者:中村 航

販売元:小学館

Amazon.co.jpで詳細を確認する

読み終わりました
電車内で読むのがちょっと恥ずかしくなるタイトルですが、今年の紹介記事一冊目
以前紹介した「100回泣くこと」と同じ作中村航さんの作品です

作品のタッチ自体は「100回泣くこと」に近いふんわり系
だけど「100回」みたいな切ない感じは無く
まさに「絶対最強の恋のうた」をストーリーにした感じです
アバウトな表現ですいません(笑)
つまり...、基本的には幸せ一辺倒な話って事ですかね

話的に割と単調な感がありますが、その分個性的なキャラクターが出てくるので読んでて飽きる事はありません
スイスイ楽しく読める作品です

今回は買うほど「良い!!」って感じは無いですが、空気感的には好きな感じ
「暇だったら読んでみてください」ぐらいのお勧め度ですかね
中村さんの作品読むなら「100回泣くこと」が個人的にはお勧め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

Waiting in the Dark

Matiawase
映画「暗いところで待ち合わせ」を観てきました
原作は「ZOO」などを書く、変だけど凄い小説家「乙一」さん

さて、映画についてですが

駅に面した家に住む「事故で光を失ったミチル」
その家に忍び込んだ「陰湿な社内いじめに心を蝕まれたアキヒロ」
この二人の奇妙な共同生活を描いた作品です

当初、ただ同じ部屋に居るだけだった二人があるハプニングをきっかけにお互いを認識
ともに光を失っている二人の共同生活の先にあるものは...

結末は観て確認してください
と、言っても上映終了になっている劇場がかなり多いんですが(^_^;)
自分は最終日に滑り込みで間に合いました(笑)

聾の方の生活もしっかり描かれているし、小説でないとなかなか出せない心や空気の変化がとても丁寧に描かれていて凄く良い映画だと思いました
全く派手さは無いけれど、いい味のある映画です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラも立ったが三年目

シェリーズの3周年ライブ「シェリーズ 3rd Anniversary-キャラも立ったが三年目-」に行ってきました〜!!(≧∇≦)ノ彡
Onest
場所は渋谷O-Nest
あんなに道玄坂を上ったのは、就活で道間違えたとき以来(笑)

Free Ride Management
acoustic girl
PaperBagLunchbox
サスカッチ
の4組との対バンで、一番好きだったのはサスカッチ
デモCD買ってくれば良かった〜(>_<)

さて、4組の対バンを経てシェリーズの登場
生のシェリーズはカッコよかった〜
そして、思ってた以上に良い人達でした(笑)

途中、ドラムの前田さんがダウン
動きが大きくてダイナミックな感じだったので、「バンド3周年で自分の誕生日」っていうプレッシャーから貧血に
もう回復したのかな〜、心配...

その後、MC・セッション・弾き語りで繋いで終了
繋いでる途中で「だって、うちらは見せる側なんだよ」と、メンバーを気にしつつもステージを空にしようとしないnakamuさんに惚れました(笑)
何十年であろうとついて行きます!!

2月27日のライブに入れてもらえる様なので、意地でも予定明けてまた観に行こうと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

笑顔のゲンキ

今年、最初に紹介する音楽はこちら!!(≧∇≦)ノ彡

L.A.U.G.H.I.N’
少年カミカゼ Xchng midnightPumpkin - L.A.U.G.H.I.N'

少年カミカゼと、がんもの好きなmidnightPumpkinのコラボシングルです
曲のテーマはずばり「笑顔」!!
「君が笑えば世界も明るくなる。」
「一人一人の笑顔が日本中・世界中を輝かせるんだ。」
という思いが込められています。

軽快な感じなので、聴いていて元気が出る曲ってやつですね
歌詞もストレートに「笑顔の大切さ」が表れてます

去年は暗いニュースが多かったけど、これからは多くの人が笑顔で暮らせる世界になっていけば良いな〜という期待も込めつつ今年の一曲目にしてみました(発売は去年)

あ、ちなみに「少年カミカゼ」単体はそんなに好きじゃないのでiTunesで単曲購入しました(^_^;)少年カミカゼ - L.A.U.G.H.I.N' - EP - L.A.U.G.H.I.N'

YoutubeにPVがあったので、載せておきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

もう新年です

Shisi1
え〜皆様大変遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます

年末から特に書くネタもなく2週間近く間が空いてしまいましたが、がんもは至って元気でございます(笑)

元旦からオールで新年会
二日は帰ってシャワー・着替えて親戚の家へ(東京)
三日〜六日は旅行

と、ド暇だった年末とは大違いの多忙な年始を過ごしています
まだ初詣にも行ってませんよ...

どうしてスケジュールってこうも偏るんですかね(^_^;)
また明日からはほぼド暇です(苦笑)
まぁそろそろ研修のe-ラーニングを本気でやらないと期限に間に合わなくなりそうなので、都合が良いと言えばいいのですが(笑)

4月からは新社会人になる身ではありますが、社会人になってもブログは続けていく所存です
本年も当ブログをよろしくお願いいたしますm(._.)m

Shisi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »