« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

デラデラ☆ナイトvol.1

デラデラ☆ナイトvol.1って企画ライブに行ってきました

Motion
場所は新宿Motion

出演バンドは
even
8m
People In The Box
pegmap
シェリーズ
(以上、出演順)

evenは「ベースでもボーカルとれるんだ〜」と普通に感心

「夜のドライブで聞いたら気持ち良さそう」と帰りに8mの音源購入
夜のドライブしないけど(笑) 3曲100円なり

pegmapは前にCDショップで視聴した事あったけど、やっぱり嫌いでした
むしろ、生で観て余計嫌いになった(汗)


さて、シェリーズですが
今回は前田さんの体調もあって他バンドより絞った
yumeradio
karagiri
結んだ手
浮く足
の4曲
三人が顔を見ながら演奏できる、変則的な対面セッティングでした

この前も思ったけど、yumeradioを生音で全部鳴らしてるのを観ると素直に感心
結んだ手のスティック音とかの鳴らし方も観れて今日は良かった

ただ、まだ体調万全じゃないみたいだし、前田さんのブログ観ると少し心配にもなります

(*´д`)ハレトルデー
(*´д`)デラデルァー

の心ですよ〜
シェリーズには無理せず楽しくやってて欲しいです

vol.2あったら、また行きたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

天国の本屋




天国の本屋


Book

天国の本屋


著者:松久淳+田中渉

販売元:かまくら春秋社

Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み終わりました

コンビニに冬だと言うのに派手なアロハにバミューダパンツ、おまけに麦わら帽を被り素足にサンダルという奇妙な風体のおじいさんが現われる

そんな見覚えの無い奇妙なじいさんに「噂どおりの冴えない奴だな」と声をかけられたバイトのさとしは、いつの間にか連れてこられた「天国の本屋」で短期バイトをする事に

そんな「天国の本屋」で起こる物語です


薄い本で行間も広いので、かなり読みやすかったです
サクッと読み切れて、内容もゆったり系なので色々忙しくて気持ちが疲れた時なんかに読むと、余裕が出来て良いかもしれませんね

いい本でした
一緒にシリーズの「恋火」って本も借りて来たので、次はこれを読もうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

キミと育つ島

DS「おいでよ、どうぶつの森」とその他アドバンスやらゲームボーイやらのソフトを中古で売り払って、新しいゲーム買ってきました。
新人研修のeーラーニング、まだ終わってないのに(笑)

買って来たのは...


続きを読む "キミと育つ島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

どこ行く年!どないすん年!

10-FEETのライブツアー「どこ行く年!どないすん年!TOUR2007」に行ってきました〜!!

Citta
場所は、CLUB CITTA'
面倒くさがってチケット発券してなかったら、B組の700番台に...(最後はBの800番)
「やっちまった〜」と思いながら入場してみると、意外とバラけて人が入っていて最前ブロックまで普通に行けました
最前列狙わなければ、券番ってあんまり関係ないんかな〜(笑)

ゲストはNUBO
初めて聴いたバンドでしたが、なかなか良かった

NUBOが終わりいよいよ本編!!
は、続きへ

続きを読む "どこ行く年!どないすん年!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

TWISTER

Twister
「10-FEET」4枚目のアルバム「TWISTER」を買ってきました!!
発売からずいぶん経ってますが、明日ライブなので予習もかねて買いました(笑)
10-FEETらしいノリが良くて、なぜだか温かい曲が沢山入ってます

最後に入ってるquietが、シングル曲以外だとツボでした
明日のライブでもやってくれるといいな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぇ、切磋琢磨って書ける?

Koufukusyokutaku
映画「幸福な食卓」を観てきました

この映画は、家族がそれぞれ何か言いたい事を抱えたら必ず4人が顔を合わせる朝の食卓で伝え合う、そんなささやかなルールを大切にしていた家族がメインの物語

ある日の出来事が原因で、そんな食卓で

母さんが家を出る決意を話し、家を出て

いつも成績が一番だったナオちゃん(主人公の兄)は農業をはじめる決意を話し、大学進学を辞めた

それでも「父さん」と「母さん」は連絡を取り合っているし、毎朝の食卓は今も続いている。

そんな中、父さんが「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」と話した始業式の朝から始まります
その後に起きる出来事が佐和子や家族に転機となり、また新しい関係へと変わっていくのですが、ネタバレするので書きません(笑)

人間ドラマなので、面白い!!と言える映画ではないですが良い映画だったと思います
あとは、主演の「北乃きい」が結構良かったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

警察庁から来た男




警察庁から来た男


Book

警察庁から来た男


著者:佐々木 譲

販売元:角川春樹事務所

Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み終わりました
以前読んだうたう警官の続編です

前作の一件で無くなったはずの県警内部の不正、しかし海外メディアに北海道での不審な事件が取り上げられ国政的な批判に発展
外務省からの圧力で警察庁が動き出し、警察庁から来た男:藤川監察官による抜き打ちの大監察が始まる

「表面化した事件の下地にはもっと多くの歪みがある」と睨んだ藤川は"うたう警官"津久井の協力を取り付け地道な調査を開始
偶然だと見過ごしてしまいそうな事件・不祥事の調べを積み重ねて行く先に表れるものとは...

今作もかなり面白い作品になっていました
前作に登場した人物たちが、今作にも登場して話に厚みを持たせてくれています
お勧めです!!
読む時は前作とセットでどうぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

PRビデオをiPodで

本日の日経より

Wbpipod
経営コンサルタントの早稲田ビジネスパートナーズが、新卒採用向けPRビデオのネット配信サービスJOB-JOB.TVを始めました

ただ「ネットで見られる」と言うだけなら、去年までの就活生となんら変わらない
各企業の新卒HPか就職支援サイトで、今までだって見られました

今までと違う所は「iPodで見れる」と言う点と「自動配信される」所です

つまり「一度iTunesに登録すれば、後はビデオが追加される度に勝手にiPodに入る」と言う訳
いつもパソコンの前に居られない就活生にとっては、移動時間や空き時間に手軽に見られるのは凄く便利ですね〜
携帯じゃないから電波無い地下鉄でもOKだし、お財布にも優しい(笑)

まだ始まったばかりのサービスなので「第一生命」が第一弾として提供しているだけですが、就職氷河期生まれのエントリーシートや就職支援サイトなどに続く、新しい企業と就活生の接点となるのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10000アクセス突破!!

10000
10000アクセス突破しました!!

ついに大台突破(≧∇≦)ノ彡
毎度、ご愛読ありがとうございます!!

ログ見ると、何度も足を運んでくれている方も居るようで有り難い限りです
今後ともよろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

22

今日で22歳になりました!!
「前日まで旅行に行っている」と言う去年との奇妙な偶然が(笑)
今年は一緒に旅していた同輩から、一日早いプレゼントまで貰って良い誕生日を迎えられました(≧∇≦)ノ彡


歳も上がって、いよいよ卒業か〜
未だ実感がありません(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

卒業旅行・四日目その2

四日目その2です

三十三間堂で解散した後は、同じ方向に行くグループと西陣方面へ
最初は、そのグループがガイドブックに載っていない穴場のお寺に行くというので、ついて行きました

Daihouonnji
京都なので、多分に漏れずこのお寺さんも古く歴史あり
「応仁の乱」の時期に付いたと言う刀傷や槍の傷跡が本殿の柱に無数にありました
ただ、東西両軍の庇護を受けていたので焼け落ちたりする事は無く昔のまま現存しています

ここの宝物殿は凄かった...
重苦しい感じとは少し違って、静謐という感じの「あ、ここは違うな」と感じさせる空気がありました
それもそのはず、多くの観音像や釈迦像が展示されています
しかも、普通の博物館の様にきっちりしたガラスの仕切りはなく、アクリル板で柵がしてある程度なので間近に拝む事が出来ます

また、本殿前に植えられている桜の枝垂れっぷりが凄く、桜の時期に来ればこれまた穴場かも
その枝垂れっぷりたるや、地面に枝先が付きそうな程
一本だけだけど満開になったら綺麗なんだろうなぁ〜...

あと、このお寺さんのご神体(?)が珍しく「おかめ」
その為、本殿の一角には「おかめ博物館」として多数のお面などが展示されていました
写真撮影禁止な本殿の中なので、一応写真は自粛(残念...)

そこにあった「おかめ」の由来によると、「おかめさん」と言う実在の女性が居たそうです
細かいストーリーは忘れてしまいましたが、抜群の内助の功な女性だったみたいです
「おかめ」ってモデル居たんだ!!Σ( ̄□ ̄;)

ここで、そのグループとも別れ
西陣の町並み散策へ

続きを読む "卒業旅行・四日目その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業旅行・四日目その1

最終日、四日目です

Fusimi1

↑↓まずは、一泊させて貰った伏見稲荷を参拝

Fusimi2


Fusimitorii
千本鳥居

Inariyama
その数たるや「圧巻」の一言に尽きます
千本鳥居といいますが、現在では万単位になっているそうです
この一本一本の後ろには、納めた人や会社があるのだから稲荷信仰の歴史を感じずにいられません

ほとんど参道全部に鳥居があるんじゃないだろうか...
雨降ってもあんまり濡れずに山頂まで行けてしまいそうです

伏見稲荷を後にして、次は三十三間堂へ

続きを読む "卒業旅行・四日目その1"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月15日 (木)

卒業旅行・三日目

三日目!!
本日は晴天なり!!

Usj
本日はUSJなり!!
今日は、関西のディズニー、ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました

Trainspider
Trainsesami
USJの最寄り駅「ユニバーサルシティ」に向かう電車が特別仕様で、到着前から興奮(笑)

Naniwa
駅に着いても、面白いものを見つけてはしゃぐ(笑)

続きを読む "卒業旅行・三日目"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

名物にも新しい波

どうも!!
部活の同輩と卒業旅行中のがんもです

突然ですが問題です!!
この丸っこい食べ物は何でしょうか??
Straw

正解は続きで

続きを読む "名物にも新しい波"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

卒業旅行・二日目

さて、卒業旅行二日目です
今日は、少し足を伸ばして神戸まで行ってきました

天気予報通りの雨ですが、めげずに異人館巡りへ出発

Line
まずは、バス降りて何となく階段上ったらあった「ラインの館」
無料公開されていて、ちょうど地元の小学生たちが大挙して来ていました(笑)
社会科見学とかかな〜

Ijinst
異人館街一帯は、こんな感じの細い道が結構あります

次は、「風見鶏の館」・「うろこの館」へ...

続きを読む "卒業旅行・二日目"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月13日 (火)

卒業旅行・一日目

今日から部活の卒業旅行
卒業も近く細かいスケジュール決めは無理だったので、ノープランなぶっつけ三都物語ツアーです(笑)

まずは、大阪から

昼頃に到着したので、まずは食のありそうな道頓堀へ

Kani_1
かに道楽

Kuidaore
くいだおれ人形

といった、定番を押さえつつも食を求め通りをブラブラ
そして、最初に食べたのは

Akaoni
新興勢力・たこやき赤鬼

行きと帰りで二度通りましたが、途切れなく列が出来てました
回転が良いので短い列ですが平日なのに途切れない、これが勢いでしょうか(笑)

品揃えは、
たこやきの「ソース・醤油・ポン酢・白焼き」
京風たこ焼きみたく、ダシに浸かっている「ちゃぷちゃぷ」
たこやきとドリンクが合体した「赤鬼セット」(写真の看板右側)
と、なかなかのバリエーション
さすがは新興勢力です

この後、別のお店で「いか焼き(丸焼きじゃない方)」買ったんですが写真撮るの忘れました
そういえば、赤鬼で食べた「ちゃぷちゃぷ」も撮ってない(^_^;)

お腹を満たして落ち着いた所で、入場料無料になっていた「道頓堀極楽商店街」へ

続きを読む "卒業旅行・一日目"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月11日 (日)

Scratch

Scratch
木村カエラの3rdアルバム「Scratch」を買ってきました!!
2ndアルバムから約一年ぶりのアルバムです

「You」「BEAT」に代表された2ndアルバムとは、全く違う空気感のある仕上がり
「ロックでありポップでもある、そしてアイドル的な要素も含んでいる」
まさに「木村カエラ」がそのまま音になった様なアルバムです

ただ、歌詞にはそういう要素が無い所が今作の特徴
どの歌詞にも、「自分以外の誰か」が登場していて「木村カエラ」がそのまま出てくる所はほとんど無い
でも、しっかりまとまっている

いろんな取材で本人やライターさんが言っている様に「アーティストとしての成長」が感じられる一枚だと思います


タイトルの「Scratch」ですが、辞書で引いてみると...

続きを読む "Scratch"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ccmmgr

Ccmmgr
「rejuvenated half-face」の1stミニアルバム「ccmmgr」を買ってきました!!
「ccmmgr」←これ読めますか??

Rejuve
「rejuvenated half-face」は女子一人・男子三人の大学生四人組バンド
以前、紹介したシェリーズと同じ残響レコード所属です

熱いボーカルと、その熱さに激しさだけでなく計算された最新型の音楽で応えるバンド
...かな?
このバンドの音楽性は字では表しにくいので、聴いてみてください
ここで視聴できます

あ、ちなみにタイトル名「ccmmgr」の読み方は...

続きを読む "ccmmgr"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

全国一斉日本語テスト

Nihongo
さぁ!!今年も始まりました!!

全国一斉!!日本語テスト

賢い事で有名な日本語入力システム「ATOK」

高校のパソコンの授業でなぜか使われる「一太郎」

開発・販売しているジャストシステムが実施しています
去年行われた第一回はブログに紹介し損ねました(笑)

最近は携帯にもATOKは使われているので、知ってる方も多いんじゃないでしょうか?
がんもの使ってる「W41CA」にも載っかってます

テストの内容はATOK作ってる所だけあって、かなり微妙な所を突いてきます
就職活動中の人はやっておいて損は無いんじゃないかと思います

ってな訳で早速挑戦

続きを読む "全国一斉日本語テスト"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

ものすごいヘリコプター

30秒過ぎた辺りから衝撃の「飛行ショー」が始まります!!

ヘリコプターってこんな風に飛べるんですね...
ヘリのイメージ変わりました

まぁ生身の人間が中に入って、同じ事が出来るかは別問題ですけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

福を呼ぶ食べ物

Ehou

今日は節分
ここ数年で突然全国に普及しだした「恵方巻」
もともとは関西の風習なので、寿司屋とコンビニの陰謀だって話もありますが、まぁおいしいし良いんじゃないでしょうか

今年は昼飯に一本、その後弓道場で「恵方巻トーク」が盛り上がり勢いでもう一本
都合二本、もちろん黙って食べきりました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

危ないあぶない...

Jiko
一日に二度も車に轢かれそうになりました(-_-#)

一度は、横断歩道でトラックの信号無視
もう一回は、信号の無い場所での右折車の前方不注意

二回目は夜道だったのでしょうがない気もするけど、練習道具入れてる体の半分位ある大きな黄色いリュック背負ってたから、やっぱり不注意かな〜後ろから来た車だし

まぁ、どちらも事故にならず良かった(^_^;)
トラックはアクセル踏みっぱで突っ込んできたから、事故ってたら笑えなかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

巨大企業はいかにして崩壊したのか?

Enron
映画「エンロン-巨大企業はいかにして崩壊したのか?-」を見てきました
「華氏911」や「ボーイングを探せ」の様なドキュメントタッチの物です

タイトル通り、2001年のアメリカ中に衝撃が走った「巨大エネルギー企業"エンロン"の破綻」がテーマ
「そもそもエンロンはどんな会社だったのか?」から「なぜ破綻したのか?」までを網羅した作品になっています

関係者の証言だけでなく、過去の業績発表や破綻後に行われた幹部の証人喚問などのビデオも使用されていて、当時の状況などを垣間見る事も出来ます
ただ、流れを追うのは少し大変です(^_^;)


当時高校生だった自分は「大掛かりな不正会計で大企業が吹っ飛んだ」程度の理解しかしていなかったのですが、

「創業者ケン・レイとブッシュ一族は深い交友関係にあった」

「カリフォルニアで起きた大停電の原因はエンロンだった」

「エンロンを規制する責任のある連邦政府(ブッシュ政権)は何もしなかった」

「直接の責任が無い州知事は責任を問われ、リコール選挙でアーノルド・シュワルツネッガー氏が当選」

「シュワルツネッガー氏にもまたエンロンとの繋がりがあった」

「アメリカの名だたる金融機関が(不正に知らん顔で)協力し利益を挙げていた」

といった、当時知らなかった情報に接する事で、改めてこの事が及ぼした衝撃の大きさと底暗さを感じました
関係者の多くは上手く逃げおおせていて、損害を受けた多くは一般従業員やエンロンに投資していた年金と言う点も大きな問題です
逃げた幹部たちは、司法の手により裁かれていますが一般市民の消えた財産は帰ってきませんから...


ストレートに面白い映画ではないですが、観ておく価値"あり"だと思います
と、言っても明日が東京では最終日(^_^;)
DVDなどが出てから観ても遅くはないと思います
よく知らない人に程勧めたい一本でした

続きを読む "巨大企業はいかにして崩壊したのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »