« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

知ってる?桜の花びらが舞う速度

3
映画「秒速5センチメートル」を見て来ました!!

この映画は、2年位前に見た「雲のむこう、約束の場所」と同じ新海誠監督の作品
脱サラ後何年かかけて一人でアニメを作り上げ、名を挙げた人です

映画の感想ですが、
絵の書き方が前前作の「ほしのこえ」のタッチに戻ってて残念
アニメっぽい顔立ちで正直微妙...


まぁでも、新海さん独特の青臭い(笑)ストーリーは健在で、良かったです

「青臭い」とか否定的な表現使ったけど、「切ない風景を綺麗に描く」と言う点では抜きん出てる物があります

やっぱり凄い

ストーリーは「雲の向こう」の方が断然良かったですが(^_^;)
今回の作品は、「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の三部作なので、ストーリーにも限界があるのかな...

新海さんの作品を初めて観る人には、「雲の向こう、約束の場所」の方がお勧めかな
自分自身も「雲の向こう」の方が断然好きなので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

"SELFISH GIRL!!" RELEASE TOUR FINAL

ムラマサ☆の3rdSingle「SELFISH GIRL!!」レコ発ライブ
「"SELFISH GIRL!!" RELEASE TOUR FINAL」に行ってきました!!

Liquid
場所は恵比寿・LIQUID ROOM

ゲストは175R
初めて生で聴いたけど、全然ノレなかった〜
CDそのまんまって感じでライブ特有のわくわく感が無かったです
いや、上手いは上手いんですけどね

なんでだろ?最近聴いてなかったせいか??
高校の頃ブレイク前から聴いてただけに少し残念...

175Rが終わりセットチェンジで、いよいよ本編!!
こっからは、続きで

続きを読む ""SELFISH GIRL!!" RELEASE TOUR FINAL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

11000アクセス突破!!

11000
11000アクセス突破しました!!(≧∇≦)ノ彡

21日から22日に変わる頃に突破してたみたいです
気づくの遅すぎです(笑)

毎度ご愛読有り難うございます
学生から社会人に移る時期でネタがなく更新ペース落ちてますが、これからも一つよろしくお願いしますm(._.)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

卒おめ!!

昨日、卒業してきました!!
風邪と薬のせいか異常に眠かったけど、火・水となるべく寝てたので頭痛がとれて、だいぶ楽だったので良かった♪

みんな、卒おめ!!

って事で、高校生向けキャンペーンなんだろうけど、
この一曲をどうぞ

卒業する身になって、歌詞の意味が少し解った気がします

短かった様で思い返せば色々と思い出のある
不思議で楽しい4年間でした

嬉しい様な、なんだか寂しい様な...

さらば大学生活

絶対忘れない
忘れられない時間でした

続きを読む "卒おめ!!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月19日 (月)

やばい...

どうやら風邪ひいたみたいです
地味に頭痛が...(-_-;)

金曜の弓を引いた後、ラーメン屋さんで軽く飲み
家に帰って、また食べる

と、無理をして少し体調を崩し土曜のOB会でまた飲み

どこかシャキっとしない日曜日を過ごしたのですが、
まだ体調が戻りませんorz
飲み方下手になったかな...(歳のせい??)

Kaze

金曜に意味なく思いつきで30分〜1時間ほど遠回りして歩いて帰ったのが、地味に効いてたみたい

土曜も電車乗って落ち着いたら結構クタクタでした(^_^;)
最近、会うとコンディション悪くてごめん!!(>_<)

明日は親戚と卒業祝いの食事会・明々後日は卒業式なので、なんとか踏みとどまりたいと思います


それにしても土曜のOB会は、久しぶりに先輩方に会えて良かった!!
特に濃い邦楽トークが出来たのが、楽しかった〜♪
また何かの機会にお会いしたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働く事は生きる事

このタイトル↑は、先日最終回を迎えたドラマ「ハケンの品格」で主人公のスーパーハケン大前春子が後輩のハケンに贈った言葉です

「働く事は生きる事」

まだ社会人予備軍ながら、まさにその通りだと思いました
シンプルだけど、核心を突いた言葉だと思います

この言葉を応用すると

「よく生きる事はよく働く事」

と、言う言葉につなげる事ができます
一見言葉遊びにも見えますが、ちゃんと意味があります

ここで言う「よく働く」とは量の事ではなく、「仕事の質」
「よく働く」と欧米からは奇異の目で見られる事もある日本人ですが、この時は「量」の面での「よく働く」が取り上げられています
あえて対照的に書けば働かされている状態です

そういう意味で、残業はせずに
「お時給の分はキッチリ働きます」
胸を張って働く大前春子さんの働き方は「よく生きる」に通じる一つの形だと思いました

だからこそ、彼女が言う「働く事は生きる事」には力があった
ふと、そう思いました

卒業を控え、いよいよ本当の意味での「仕事」「働く事」に接する訳ですが、よく働く社会人になれるよう頑張りたいと思います


見たい人はドラマ一式DVDにするつもりなので、ご一報を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

300

300

一個下の記事で300件超えました!!

9月11日に200件目だったので、半年ほどで100件増えた感じです

100〜200件の時は5ヶ月だったので、就活が無い分少し減速気味
最初「ろくに書けないんじゃないか」と思って始めたので、これでも自分的には驚きです

社会人になってからどうするかは、
どこまで書けるか解らないので、まだ迷ってますが

形はどうあれ、続けて行きたいと思っています
これからもよろしくお願いします!!

<3.18一部改変>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしまい!!

終わりました!!

これで晴れて

・Excel 2000 ベーシック
・Wordとビジネス文書
・PowerPoint クイックマスター

の3つの教材が終了です

人事の人が「みんな毎年ギリギリになってやってるよ(笑)」
って以前話してましたが、その通りになりました(^_^;;)

後は、実際の仕事でちゃんと使えるかが問題
自分で作業する所があまり無かったので、後は経験積んで行くしかなさそうです
学生の頃はバリバリ使ってなかったので...

でも、理解できてなくても知ってるだけで上達ペースは変わると思うので
上手く活かして行ければ良いなと思います

いや〜
やっと、終わった!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ぷはーっ

お昼なので中断です
約2時間ぶっ通しで26%から80%まで進めました♪
疲れたのか、若干頭がボーッとしてきました(^_^;)

大学の授業より長く何かに取り組むってだけで、十分社会人としての研修になってる気がします(笑)
音声ガイドが付いているのですが話し方が単調で、大学の授業を凌ぐ催眠パワーを持っているから侮れません

恐るべし、「PowerPointクイックマスター」by 日経BP

でも、知らない機能とか力技で誤摩化してた所なんかが解るのでタメになります

さて、腹ごしらえしてきます
腹が減っては戦はできぬ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしっ!!

今月も残す所あと半月

今から研修の残り一気にやります!!

e-ラーニングなので、気合い入れてやらないとだらける

目指せ昼飯前終了!!(≧∇≦)ノ彡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

リニューアル!!

2年以上前に買ったiPod Photoを使っていたのですが
調子が悪く、ついにSad iPod(↓これ)が出たので修理へ
Sadipod


ビックの延長保証を使って修理に出したら、数日して
「修理代金が購入額と近くなるので、新品との交換はどうですか?」
との連絡が

なにやら、
保証は終わるけど当時買った金額以内なら無料
オーバーしてもその分だけ支払えば今売っている新品を貰えるとの事

ってな訳で先日受け取ってきました!!

続きを読む "リニューアル!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

しゃべり続けた三日間

金曜日・遊びに出かけて映画観てる時以外は、ほぼ一日話し続け
土曜日・大勝軒・道場・その後飲み会
日曜日・近々子供が生まれるいとこの家にベビー用品なんかを届けつつお邪魔して、その後親戚の家に軽く寄ったら捕まり(笑)さらに話す

この三日間だけで、随分たくさん喋った様な気がします(^_^;)
バイトしてないので、ほとんど家で研修やるか、本・ゲーム・ビデオで時間を潰す日々なので久々です

たぶん、金曜に遊んだ時はいつも以上に滑舌悪かったんだろうな〜...
食べる量が少なかったせいか、なんだか不安になる位疲れるのも早かったし(苦笑)
テンション低かったし、もったいない事しました(汗)

結局、次の日は突然誘われた飲みにも参加できてるからただの杞憂と言うか、食料不足だったみたいです(大汗)
やっぱり食は重要ですね(^_^;)

さすがに飲んだ後だったので、日曜の夕方頃は眠くて辛かったですが(笑)

珍しくオチも写真も何も無い日記を書いてみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

road to 大勝軒

「つけめん」の基となった「もりそば」の元祖 大勝軒東池袋本店が今月の20日に閉店すると聞きつけ
部活の仲間と一緒に食べてきました!!

「朝から行列ができている」と聞いていたので平日に行きたかったけど、なかなか都合が付かず休日に出陣

開店時間の11時頃には
Taisyoretsu
こんな行列になってました

先頭見えてないし!!(笑)

昼頃には、事前注文分で麺が無くなり行列ストップ
当然「もりそば大盛り」注文しましたが、一体何時に食べられるんでしょう??(苦笑)
再開発で出来た高層マンションの陰で寒いんですが...

続きを読む "road to 大勝軒"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 9日 (金)

日常 恋の声

Nitijyou2
「日常 恋の声」という映画を観てきました
以前観た「日常」という映画の続編と言うか二作目です
「ごくごく普通の事なのに、なぜか面白い」を切り出し、キャストに吉本芸人を起用したショートコント集っぽい映画です
前作と直接ストーリーは繋がってませんが、一部のキャラクターは引き継がれています

前作の方が全編にくすっとする所があった様な気がして少し残念
一作目の時は上映前にトークイベントがあって、テンション上がってたせいもあるのかな〜
あのイベントは、わざわざ一回チケットだけ買いに出かけた甲斐があった!!

ただ、「やっぱりケンドーコバヤシは面白い」と言う結論だけは前作と同じ(笑)
そして次課長の井上が出てくると、客席の一部から「かわい〜♪」の声があったのは、今作からでした(謎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

がーん...

4月からお世話になる就職先から、入社後の研修スケジュールが送られてきました!!

Gan
ライブに行けなくなりました...( ̄□ ̄;)!!

「ダメで元々!!もし行けたらチケット無いのが一番辛い」と思って買ったけど、これは痛い(>_<)
社内研修で工場(埼玉)に行っていて、しかも泊まり

こりゃ、行きようがないね!!(((壊゚∀゚)))ァヒャヒャヒャ

...さてと、
工場研修あるのは少し前に連絡あったけど、まさか泊まりで工場一つずつとはなぁ〜...
出だしからバッチリ社会の洗礼受けましたよ

思ってる以上に大きい工場なのかも
まぁ技術ある会社が良くて入ったので、この辺は贅沢な悩みかも知れません
工場みたいけど、ライブも観たいと(笑)

こうなりゃ、徹底的に工場見てきます
営業なので行けないだろうし、作る行程とか理解しておくと仕事もやり易いだろうし
もともと、社会科見学的な物が好きな性分!!
もちろん、ライブ行ってもちゃんと見るつもりでしたけどね(笑)

あぁ、しかし勿体ない
せめて、誰かに譲るかネットで売らないと...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

海の底




海の底


Book

海の底


著者:有川 浩

販売元:メディアワークス

Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み終わりました

舞台は米軍横須賀基地が桜祭りで賑わう横須賀
そんな平穏な横須賀に、大型化したザリガニの様な巨大な甲殻類が大挙して襲来
米軍基地に停泊していた海上自衛隊の潜水艦「きりしお」の乗員が、桜祭り会場から逃げ遅れた子供達を救助するも退路を断たれ潜水艦に立て篭る事に

と、まるでゴジラか何かの様な所から話が始まります
「天国の本屋」シリーズの後に、こういう対極な本が来る所が図書館マジック(笑)
いつ見つけて予約したのかも、全く覚えてない(笑)

上のあらすじだと、突拍子も無いだけのSF物って感じですが、そうじゃありません
「警察+自衛隊vs甲殻類の特撮話」と「潜水艦内での子供・自衛官の人間ドラマ」の二本立てって感じです

特撮話はSF系として十分面白いし、ただのバカ話で終わらないリアルさがある

人間ドラマの方も良くて、ただのパニックでは終わらない複雑さがある

特に終盤からラストシーンは格別です
ともすれば、こういったパニック物にありがちな終わり方になってしまう所を、台詞と人物のキャラクターでひと味もふた味も違う最後に演出しています

有川さんの本は初めて読んだけど、人物やストーリー作りの上手い作家さんの様です
近頃人気らしい「図書館戦争」シリーズも有川さんなので納得(まだ読んでないけど)

特撮っぽい話や自衛隊が出てくるって所で、距離を置かれやすい本ですが、これはお勧めです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

精一杯を込めた火




天国の本屋 恋火


Book

天国の本屋 恋火


著者:松久 淳,田中 渉

販売元:小学館

Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み終わりました
この前読んだ「天国の本屋」の続編です

今回天国の本屋に連れてこられたのは、ピアノを弾く意味を見失ったリストラピアニスト
ストーリー書くと、この手の本は力を失ってしまうのでこれ以上は書きません
ただ、「恋火」ってタイトルですがベタベタな恋愛ものではないです

読み終わってから知ったのですが、2004年に映画になってたらしいですね
全く知らなかった(^_^;)
この本が上手く映像化されてたら、きっと綺麗な映画になるんだろうな〜

前作より良い本に仕上がってました
映画も機会があったら、どこかで観てみたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

タイムマシンはドラム式!?

まだ、続きます

Gobubble
更に続けて、映画「バブルへGO!」を観てきました
これも割とCM流れてるんで、知ってる人は多いんじゃないかと思います。

元カレの借金200万を背負わされた上に母:真理子が亡くなり、踏んだり蹴ったりな主人公:真弓(広末涼子)の元に真理子の古い親友の財務官僚でもある下川路が現われる
下川路が言うには、「国の借金は800兆円を超え毎日9000億単位で利子がついている、何もしなければあと二年以内に日本経済は崩壊する」との事

自分と日本経済の話の関係が全く解らない真弓に下川路が頼んだ事は
「真理子はタイムマシンでバブル崩壊を止めに行ったが行方不明になった、君が助け出して欲しい」
と言う、とても財務官僚とは思えない提案であった

話の解らぬまま家電メーカーの研究所に連れて行かれた真弓が見たものは、母が開発していた"強力すぎる"家電たち
そして、偶然発明した
「ドラム洗濯機型タイムマシン」だった

渋っていたものの、「バブル崩壊を防げれば、君の抱えている借金は無くなっているはずだ」の下川路の一言でタイムマシンに乗り込んだ真弓は、一路溢れる洗剤の泡とともに異様な活気あふれるバブル期の日本へ...


タイムマシンが洗濯機だったりと、しっかりホイチョイプロダンション風味の入った映画でした
お笑い映画っぽい宣伝されてる割には、それだけでは終わらない部分もあった様な
どたばたシーンとして描かれてますが、当時ああいう会合が無かったとは言い切れない訳で...

がんもも生きていたけれど、あまり記憶の無いバブル期
授業と話で聞いた事のある程度でしたが、改めて異常さを感じました

すっごい時代だったんだな〜(笑)

その凄い時代のしっぺ返しが今の長きに渡る不景気な訳で...
まぁ、実際生きてた人からすれば「この映画は大げさ・誇張しすぎ」って思うのかもしれませんが(^_^;)

確かにあのとき「投機的不動産取引への融資規制」なんて政策を打ち出さなければ「今とはまた違う日本があった」って言うこの映画の視点は、的を得てるし面白いと思いました
案外良いですよ、この映画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなただけは許してあげる・・・

Sakebi
続いて、映画「叫(さけび)」を観てきました。
役所広司主演のミステリーホラーです

赤い服の女が殺されて以降、刑事・吉岡(役所広司)の周りで連続する殺人事件

現場に残る偶然や自分の僅かな痕跡から「犯人は自分では・・・」と吉岡は考え始める

そんな中、吉岡の前に表れる謎の赤い服の女

その女は耳を劈く様な不気味な叫び声と共に消えてしまう

夢なのか・自分の妄想なのかも解らないまま、只ならぬ不安に突き動かされた吉岡はこの事件の謎に挑んで行く...


こんな感じの映画でした
ホラーよりもミステリーの要素の方が強い感じですね
役所広司が良い仕事してます
あと日本のホラーは「目のアップ」など視覚で訴える系統が多いですが、この映画は「叫び声」に代表される「音」によって恐怖感を煽るタイプ

「リング」シリーズ以降のベタベタ系ではないので、割と地味で渋い系統のホラーですが、結構いい映画だったと思います
ただ、気持ち悪いと言うか不気味・奇妙な映画ではあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どろろ

Dororo
映画「どろろ」を観てきました
言わずと知れた、妻夫木聡・柴咲コウ主演の大型邦画です

原作とは時代設定やどろろの年格好が変えてあると、深夜にやっていた特集番組で言っていましたがそれほど破綻してる感じはしなかったです。
原作が大好きな人には抵抗あるかもしれないですが(^_^;)

基本的には冒険活劇的な映画ですが、風刺や意味深な表現と言った手塚さん原作らしい要素が入っていて単純にスカッとするだけの映画では終わっていませんでした
この辺は好感が持てます
単なる興行成績重視の話題作だと、その辺無視してる事もありますから...
製作側にも手塚ファンが多かったんですかね

原作本・アニメともに全く観た事がなかったので、何か機会があったら是非見てみたいと思いました
続編作れる終わり方だったけど、原作はどの辺りで終わってるんだろう??
その辺含めて、原作に興味アリ
手塚さんの漫画って有名なものは沢山あるけど、そういえばちゃんと見た事なかった
どこ行けば全巻あるのかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »